サステナビリティへの取り組み

サステナビリティへの取り組み

サステナビリティへの取り組み

半導体やFPDは、モバイル・AV機器やデータサーバーなど市場のさまざまな製品に搭載され、IoTやAI、5Gなどの普及により加速するデータ社会において中心的な役割を担い、より便利で豊かな社会を構築します。

当社グループは、経営理念として、主要事業である半導体製造装置、FPD製造装置等に使用される空気圧機器をはじめとした部材・ユニット品の販売・製造を、環境負荷低減に配慮した製品の販売や製造技術・生産性の向上を通じて、社会の課題解決や発展に貢献することを目指しており、サステナビリティの推進は経営理念の実現そのものであると考えております。

また、2015年に国連で採択された世界共通の目標であるSDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)に、積極的に取り組んでまいります。

サステナビリティ推進体制

1. 組織
サステナビリティ推進責任者
サステナビリティ委員会
サステナビリティ実施責任者
サステナビリティ実施担当者
2. サステナビリティ委員会
運営内容 サステナビリティ方針の採決
マテリアリティの採決
取締役会への上程
取締役会の方針決定の各事業部門のサステナビリティ年度目標設定への支援
マテリアリティのPDCAのPA
委員長 代表取締役
委員 社内取締役・部門長(統括部長・部長)及び関係会社の代表取締役
事務局 総務部
開催時期 原則、四半期に1回。但し、委員長が必要と認めた場合は、その都度随時開催。
3. 推進体制
サステナビリティ推進責任者は、サステナビリティ委員会にて協議したサステナビリティ活動に関する提言・活動内容を取締役会へ報告を行います。
サステナビリティ実施責任者(部門長)は、取締役会にて決定したサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)に基づき、サステナビリティ年度目標を設定し、「ESG行動計画」を策定し、サステナビリティ委員会の承認を受け、推進を行います。

環境への取り組み

環境理念

内外テック株式会社は、地球環境保全を経営上の重要課題の一つとして位置づけ、半導体・FPD製造装置及び一般産業機械等の各種コンポーネンツ及び同装置の販売に係る事業活動を通じて環境負荷の低減に取り組みます。

SGS ISO 14001、UKAS MANAGEMENT SYSTEMS 0005
本社及び東京営業所にて認証取得

環境方針

  • 1.当社の事業活動から生じる環境負荷を可能な限り減少させるため、以下の事項を定め、環境汚染の防止に努めることにより生物多様性社会への普及に貢献します。
    • (1)業務の効率化やムダの排除を進めます。
    • (2)資源の消費や廃棄物を削減(Reduce)し、再使用(Reuse)し、再資源化(Recycle)する資源の循環的な利用(3R)を推進します。
    • (3)地球温暖化物質の排出削減(CO2排出抑制/削減の取り組み)を推進します。
    • (4)環境配慮商品の販売や情報の提供を推進します。
    • (5)販売商品に対し取引先の要望に応じた有害化学物質管理を徹底します。
  • 2.環境関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  • 3.環境目的及び目標を設定し、定期的に見直し、継続的な改善に努めます。
  • 4.環境方針を組織で働くすべての人に周知と徹底を図ると共に、そのための教育啓蒙活動を実施し、ホームページ等を通して社外にも公開します。

改訂 2012年7月1日